2017年02月12日

政府のコメントはいつも同じ

日米首脳会談に合わせ、北朝鮮が日本海に向け弾道ミサイル1発を発射し、日米を挑発。
ミサイルは日本の排他的経済水域ではない場所へ落下し、航空機や船舶の被害はなく良かったです。
北朝鮮のミサイル発射はこれで何回目でしょうか・・・
発射のたびに発表される政府のコメントはいつも同じ。
『北朝鮮に厳重に抗議』
『遺憾』
『情報収集・分析に全力を挙げ、不測の事態に備えて万全の態勢を取るよう指示』
必要以上に北朝鮮を挑発しない為のコメントかもしれませんが、ミサイルを日本に落とされてからでは遅いです。
飛んできたミサイルを日本の防衛システムで本当に迎撃できるのでしょうか・・・


posted by 美好堂 at 23:50| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。